■末期ガンを超克!
大丈夫!どんなときにも希望はある・あなたは治る


あなたは今、思いがけないガン宣告で、パニックになっていませんか?

また、再発や転移が判明し、大きな落胆を味わっていませんか?

もしかすると、いきなり『末期』だと言われ、深い絶望の中…   このような方もいらっしゃるかもしれません。

でも大丈夫!どんなときにも希望はある。治るチャンスは充分あるのです。 なぜなら、次のような根拠がたくさんあるからです。



大学病院で、私の病状について最終的な検査結果が出ました。

名前を呼ばれて入った診察室には、重苦しい、沈痛な空気が漂っていました。

そして、
「たいへん残念ですが…」という前置きの後に、私の病状は悪性リンパ腫の第四期、つまり末期であることを告げられたのです。

悪性リンパ腫というのは、最初に、一ヶ所のリンパ節がガンに侵され、それから、時間をかけて他のリンパ節に転移し、最後の段階では、骨髄や血液中にガン細胞が充満して全身に広がっていきます。その最後の段階が第四期つまり末期で、私の場合、まさにその第四期だったのです。

検査の結果、すでに骨髄と血液の約半分がガン細胞になってしまっていて、早い話が、脳を除く全身にガン細胞が広がりつつあったのです。

それが絶望的な状況であることは、素人の私にも充分理解できました。

もはや、手術も放射線治療もできる段階でなく、残された治療法は抗癌剤の投与しかなかったのですが、その抗癌剤もどこまで効くのか期待はできないと言われ、最後に、余命があまり残されていないことを告げられたのです。

《末期の悪性リンパ腫を超克したOさん》


その他

余命一ヵ月、悪質な進行ガンを克服したWさん

死の宣告、恐怖のスキルスガンを完治させたMさん


現代ガン医療の常識から見て、治るはずのない人たち、医師たちが「奇跡」と呼ぶような人たちがたくさんいらっしゃいます。


いつだって、誰だって、気づいた人に、手遅れはありません。

今までの間違いに気づく。新しい方法に気づく。やるべきことに気づく。

あくまでも、気づいたその日が最初の日。その人にとって、新しい出発の日です。

何度目かの再発・転移であろうと、たとえ医者から余命一週間と言われようと……


どうして遅すぎることなどあるでしょうか。


大丈夫! 


実績のあった具体的な方法などをご紹介させていただきます。

何かの参考にしていただけたらと思います。


≪お申し込みはこちら≫


抗癌剤について

■抗癌剤は効く?

抗癌剤を国が認可するときの基準は、有効率20%です。ということは、80%の人には効かなくても良いということです。

抗癌剤を10人の患者に処方した場合、8人には効かなくても良い。それでも認可する。これが国の基準です。

2人には効くということにはなりますが、「効く」ということは具体的にはどのような状態を言うのか? ココが問題です。

国の基準では、ガンの大きさが半分に縮んだ状態が4週間続けば良いということになっています。(仮に直径2センチのガンがあったとして、それが1センチに縮んだ状態がわずか1ヶ月保てば良いというのです)

今現在、抗癌剤治療を受けている患者さんは、このことを知っているのでしょうか?



特定商取引法表示







[←戻る]